ソーラーシェアリングとは

ほとんどの作物に強すぎる太陽光は有効に働かず炭酸同化作用は増加しない(光飽和点の存在)という事実(稲では太陽光の約55%)に基づき農作物を作る圃場の上3m(作業機が使用出来る高さ)に棒状のソーラーパネルを間隔を開けて鎧戸状に並べ、農作物と電力両方を得る方法が2004年に発明されています。

Topics & Information

テレビ東京 ワールドビジネスサテライトで紹介されました

テレビ東京 ワールドビジネスサテライト(YouTube)

日本経済新聞 8月12日千葉版に掲載されました

「農地で発電、千葉でソーラーシェアリングじわり普及」

営農の様子 2014年6月

6月の写真を掲載しました。「営農の様子」からご覧ください。

営農の様子 2014年5月

5月の写真を掲載しました。「営農の様子」からご覧ください。